なまくら包丁がスパッと切れる?家庭で出来る裏技とは?

やっぱりプロへ依頼するのが良い?

包丁を研ぐプロ?

自分で研いでみたけれどうまくいかない。あるいはもっとキレイに研いで欲しい。その場合はプロへ依頼すると良いでしょう。鍛冶屋はもちろんの事、包丁を研ぐ専門家もいます。

これらのサービスは単純に包丁を研ぐだけでは無く刃先の欠け修復、サビ取りやゆがみの調整など包丁のトラブルをほとんど解決してくれます。中には柄(取っ手部分)のクリーニングやサビ防止加工など、かゆいところに手が届くサービスを展開しているケースもあります。

1本辺り数千円で依頼出来るので、長く使いたい場合は購入よりもリーズナブルです。ネットで探すのも良いですが金属加工をしている企業であれば受付している場合も珍しくありません。事前に相談してみましょう。

どうやって依頼すればいい?

プロへ依頼するのってハードルが高いイメージ。確かに普段利用しない方にとってはそう取られてしまうかも知れません。しかしプロも多くの方にサービスを利用して欲しいと思っているので、気軽に相談してみましょう。中には出張サービスだったり送料を無料にしたりお得なサービスを展開しています。

ネットショップを持っているところであれば申込みをすれば後は専用キットが送られてくるので、そこに包丁を入れて発送するのみでOKです。職人の目で確認しながら研いでいくので材質にあったメンテナンス・研ぎ方が出来るのは大きな強みです。

但し包丁のサイズや種類にとっては研ぐ事が出来ない、あるいは追加料金が発生する可能性もあるので注意して下さい。