切れなくなった包丁を元に戻す簡単な方法

なまくら包丁がスパッと切れる?家庭で出来る裏技とは?

なぜ包丁はキレイに切れるの?

当たり前の様に使っている包丁は石器時代から身近な道具として使われてきました。石器時代には研ぐという概念はないので、石を割って鋭くしたものを利用するのがポピュラーでした。主に狩りに使われる事が多く、その後調理用として使われる様になりました。

日本で包丁と呼ばれる様になったのはしばらく後で、当初は庖丁(ほうてい)と読み書きしました。庖と言うのはキッチンを指し丁は働く男の人を意味しています。単純に言えば料理人を表す事場であり、その道具が包丁という事です。中国の文献によると庖丁達が王の前で牛一頭を素早く解体したところ王が感銘を受け、多くの褒美を授けたそうです。

中国から日本に包丁が入ってきてからは独自の進化を遂げます。奈良時代の包丁は刀の様に長く・細く繊細な形をしていました。当時は牛や豚を食べる習慣が無く、ほとんどが魚であった為今の様に太い包丁は不要でした。明治時代になると文明開化により様々な国の文化に触れる事になり、今の包丁の形に近づきます。当時は洋式ナイフと牛刀包丁と呼び、一般家庭でも使われる様になりました。

そんな時代と共に移り変わってきた包丁ですが、上手に使えば一生物になると言われています。とはいっても使っていく中で切れなくなったり、削れてしまったりする事もあるでしょう。そんな時は包丁を研ぐ事で切れ味が復活するのですが、研ぎ方や使う道具によって包丁の寿命が決まります。賢く・使いやすい包丁にする方法を公開しています。